行くぜっ!解凍少女

説明しよう!「解凍少女」とは、不妊治療で凍結保存した受精卵を解凍して産まれた女の子、スーちゃんのことなのだ!

不妊治療で授かった「解凍少女」の育児漫画を中心に
猫やDIY、ももクロなどをごちゃごちゃ詰め込んだブログです

一番泣いた日 〈不妊治療期リターンズ episode 0〉

前回の記事で沢山反響をいただきはてブにもコメントをいただいたのですが、あちらのコメントの返し方がわからずこちらで。読んでいただきありがとうございます!嬉しいコメントだらけで感激しています。夫のこともう少し大事にします!

 

 

さて。そろそろ不妊治療記の方を描き直して行こうかと思っているのですが、時系列にわかりやすく…とか考えていたら中々はかどらず。

(前にnoteで描いていたやつ→https://note.mu/ayako0312/m/me677611849c1)

まずは私にとって「不妊治療の何が一番辛かった」かをエピソード0として漫画にすることにしました。

f:id:kaitousyoujyo_haha:20180408105023j:imagef:id:kaitousyoujyo_haha:20180408105030j:image

あまり人におおっぴらに話すことでもないので、この頃私は治療中の小さな絶望を溜めまくっていました。それほど熱心に治療を頑張っているわけではなく、まあどっちでもいいけど出来れば嬉しいよねってスタンスに見えるようにつとめて。

 

この日、タロが去ってしまったことがキッカケになって全部溢れてしまいました。心のどこかで思いながらも認めたくない受け止めたくない不安。

未来が見えなくなることって沢山あると思いますしおおげさに思う方もいるかもしれませんが、私の場合はこのことが一番辛かったです。子供のいる生活ってどんなのかなあ、可愛いだろうなあ、楽しいだろうなあって具体的にイメージすればするほど、そこに辿り着けなかった時のダメージが大きいと知ってわざと不鮮明なフィルターをかける。だからこの日から先のことを考えるのをやめました。最適な方法なのかはわかりませんが、これしか思いつかなかったので。

 

考えるのをやめた翌日、タロはトライアル先から凶暴粗暴につきあっさり帰ってきて(涙の意味はw)それから沢山の変化があり3年後、本当にまったく、予想できない未来が待っていました。

f:id:kaitousyoujyo_haha:20180408105338j:image

スーが生まれてから幸せだなあ〜って思うことは毎日数えきれないくらいにあるのですが、改めて今は、あの日の私が想像できなかった未来なんだなあと。なんだか、面白いなあと思いました。

 

治療中の方に、未来を信じて頑張って下さい!信じればいつか必ず願いは叶います!とは言えません。

けど、本来持っている感受性まで凍らせてしまわないでほしいと願います。

緩やかな雨から突然の大嵐になって進む方向さえわからなくなる毎日、ちょっとだけ雨宿りしていただけるようなそんな不妊治療期にしていきたいと思います。

 

なお、凶暴猫認定されたタロは、今は立派にスーのお兄ちゃんやってます。

これもほんとに予想外。笑