行くぜっ!解凍少女

説明しよう!「解凍少女」とは、不妊治療で凍結保存した受精卵を解凍して産まれた女の子、スーちゃんのことなのだ!

不妊治療で授かった「解凍少女」の育児漫画を中心に
猫やDIY、ももクロなどをごちゃごちゃ詰め込んだブログです

ふたりのかえりみち&お知らせ

保育園スタートからあっという間に1ヶ月。

集団生活の洗礼ってやつを受けちょいちょい体調崩したりもしましたが、一度も泣くことなく毎日元気に通っています。連絡帳で知らされる園での様子も楽しんでるみたいで、ほんっとよかった〜なんて能天気に考えていました。でもやっぱり、ただ楽しいだけってことはないよね…

f:id:kaitousyoujyo_haha:20180426140756j:imagef:id:kaitousyoujyo_haha:20180426140923j:image

状況が把握できないから泣かない子も多いとよく聞きますが、わからないなりにも懸命に考えて考えて順応しようとしてるんだろうなあ、と。

 

ある日送り終わって園の外に出たところで、先生と少し立ち話をしたんです。

「スーちゃんは、賢い子ですよ!」と言われてとても嬉しくなったのですが、続けて「他の子と喧嘩にならないように遊ぶおもちゃを自分で見つけたり、状況を本当によく見ています!」と言われてビックリ!

 

え?あのスーが!?

私がスマホ持ってたら渡すまでダダこねて、iPadに持ち替えたらそっちを寄越せと迫り。一緒にブロックしてたら私が積み上げたものを片っ端から奪い、オモチャ片付けてると手に取ったものを全部奪っていく、あのスーが???状況を見ると?

 

その時はただただ驚いていたのですが、毎日お迎えの後に見せる安心しきった笑顔を見て、だんだんわかってきた気がします。保育園にいる時のスーが、おうちのスーに戻る瞬間なのかな。まだまだ出来たてだけど、少しづつ小さなスーの世界が出来てるんだろうな。そんなことを考える、ふたりのかえりみちなのです。

 

f:id:kaitousyoujyo_haha:20180426143435j:imagef:id:kaitousyoujyo_haha:20180426143439j:image

 

きっと何年経っても忘れない濃厚な日々。

それは保育園に行っていなくても同じでしょうし、きっとこれからも形にして残しておきたいことが沢山あると思うのですが、今回をもってスーの近況を漫画にするのは一旦終了することにしました。

思い出話や家庭内でのことなら描いちゃうかもですが、現在進行形のことは上手にプライバシーの配慮をする自信がないので今後は控えようかと。

 

ブログやツイッターは続けますが(インスタは考え中)、いざ育児漫画卒業しようと決めた時はなんとも言えない寂しさがこみあげてきました。0歳児の頃ボロボロの限界状態で殴り書きみたいな漫画をアップしたら、たくさんの方にわかる!うちも!と反応を貰えてそれがどれだけ支えになったか。

これまでも何度かやめようと思うことはあったのですが「参考になりました」というリプがひとつついて、ああやっぱり描いてて良かった〜と持ち直したり。

ほんとにこの時期出会えた方は勝手に戦友のような親近感を持っていて、これからも繋がっていれたら嬉しいなーと思います。

 

ここでは不妊治療期のことなどあげていきますので、引き続きご愛読いただければ幸いです!