行くぜっ!解凍少女

説明しよう!「解凍少女」とは、不妊治療で凍結保存した受精卵を解凍して産まれた女の子、スーちゃんのことなのだ!

今日をちょっと楽しく面白くをテーマに、ハンドメイドやDIY、イラスト漫画などをお届けします

ああ愛しのどうかしてた頃 の巻

生後半年くらいまでって、今思えば平常心な時がほとんど無かったなあと。
ふと思い出すことがあります。

 

どうかしてたあの頃

ちょっとどうかしてたなあ、あの頃…で思い出すのがこのこと。
鉛筆書きの原稿があまりに汚く見づらかったので着色補正しましたが…それでも見づらいですごめんなさい。

f:id:kaitousyoujyo_haha:20181010010304j:plain

f:id:kaitousyoujyo_haha:20181010010319j:plain
こういうこと自体はよくある?ことかもしれませんが…
内容は違えど毎日毎日、こんな風に心をぐわんぐわん揺さぶりながら生きていたように思います。いっつも、ワーワーギャーギャー言っていました。
夫はまだイマイチ子育てに介入してない頃だったので、右往左往する私に若干引いていたのも覚えています。

 

子育てがこんなにスリルに満ちているとは…

考えてみれば、思いっきり取り乱したり大声を出したりなんて、普通に生きてたら滅多にないことですよね。体中の毛が逆立つような恐ろしい思いも、飛び跳ねたいような幸福感も。それまで「たまに」だったことが、一年足らずの間にどどどどっと押し寄せてきて。一日の内で天国と地獄を味わうこともしょっちゅうでした。
「子育てって、こう」なんて総評する気力も無かったですね。
ただいきなり訪れるハプニングに対処するので精一杯。


あの頃のちょっとどうかしてる感じ、すっかり懐かしくなってしまいました。きっと私の中の経験値が貯まったからだとは思いますが…
小さくか弱い赤ちゃん娘が恋しいのと同じで、ハイテンションすぎる私もちょっと恋しいなあと思う夜なのでした。